こじれた同僚との不倫を占いで解決


 

現在、日本の社会的環境は悪化の一途を辿っており、長引く経済の低迷、少子高齢化、治安の不安定化といった様々な問題が渦巻いています。「一億総ストレス社会」と呼ばれるようになって久しい今、日本で暮らす多くの方が悩みや負担といったストレスを感じているはずです。特にストレスは経済の第一線で働いている社会人の方が多く溜めこんでおり、将来に対する漠然とした不安や過酷な労働環境、対人関係の悪化や家庭内のトラブルといった様々な問題によって心を壊してしまう方が多いそうです。
心を壊した方の中には辛い現実から逃避するために「禁断の恋」に走ってしまう方も多いそうです。特に多いのが、同僚との不倫だそうです。妻が、夫が、あるいは子どもがいる身でありながら、それらから目を背けて同じ職場で働いている異性と関係を持ってしまう方が多いそうなのです。不倫という不適切な関係にいたる理由はそれぞれでしょうが、やはりその背景にあるのは先に述べたようなストレスが原因でしょう。社会で働く方の多くは、過酷な労働、長時間の勤務、上司からの理不尽な叱責、そして額の少ない給料といった様々な不平や不満を抱えながら、毎日へとへとになるまで働いています。けれども、そこまで頑張って働いていても、家で待っている家族が必ずしも理解してくているとはかぎりません。帰宅が遅いことを責められ、給料が低いことをなじられ、せっかく休むことができる休日も「家族サービスがない!」といって怒られて、そういった状況から、同じ境遇にある会社の同僚となし崩しに関係を持ってしまう方が多いそうです。同僚ゆえ、お互いを判りあえている、といった安心感もあるそうです。
けれども、不倫は決して許される行為ではありません。一夜の出来事では終わらず、そのままずるずると関係を持ち続ければ、いずれ破滅してしまうかもしれないという不安を不倫をしている多くの方が抱えているそうです。そういった不安を相談する相手として、占いを職業とされている方に相談される方が多くいるそうです。関係がこじれ、自分ではどうすればいいのか判らなくなってしまい、切羽詰まって占いに助けを求めるのだそうです。選ぶべき道を教えてくれるかもしれない、という期待からだそうですが、実際に占い師の方に相談したことによって情況が好転した方は驚くほど多いそうです。
ただ、理解しておくべきことは、占いは決して万能の力ではないということです。あくまでも助言であり、道しるべであって、最後に決断を下すのは自分自身がおこなうことです。それこそが自分にとって最良の選択肢なのです。